新型コロナウイルス感染予防対策について

 京都地区つどいの会では、新型コロナウイルスに感染しない・させないという気構えで、出来る限りの対策を講じながら開催したいと思います。そのためには、参加者全員の意識の共有が必要となりますので、何卒皆様のご協力をお願いいたします。


<京都地区つどいの会の対策>

・参加者全員に本内容を記載した用紙を配布し感染予防に取り組む。

・会場備品の消毒をする。

・対面となる講師側にアクリルパーテーションを設置する。

・座席の間隔を広めにとり、密を避ける。

・十分な換気を行う。

・参加者名簿を作成する。

・消毒に使った布巾やキッチンペーパー、その他ゴミを持ち帰る。

・参加者に検温、マスクの着用、手洗いの励行を促し、体調確認をする。

・開催毎に以下のお願いを参加者に伝達する。使用する会場により補足があれば、その都度開催前に伝達し、会場の指示に従う。


<参加の皆様へお願い>

①参加当日の朝、ご自宅で検温をしてきてください。発熱がない事を確認していただき、少しでも体調に不安がありましたら、無理せずにご自宅での自粛をお願い致します。

なお、以下の場合は参加をお控えください。

・当日、37.5℃以上の発熱や風邪症状(のどの痛み、咳、発熱)がある場合。

・新型コロナウイルス感染症が確定された方との濃厚接触がある場合。

・同居家族や身近な知人に感染が疑われる、又は感染が確定している方がいる場合。

・過去14日以内に、政府から入国制限や入国後の観察期間を必要と発表されている国・地域への渡航、並びに当該在住者との濃厚接触がある場合。

※国立感染症研究所感染症疫学センターによる「濃厚接触者」定義・・・・患者が発症する2日前から、1メートル程度の距離で、マスクをせずに15分以上会話した場合をいう。

②入室の際は、マスクの着用と受付にある消毒液で手指の消毒をお願いします。

③勤行中もマスク又はフェイスシールドを着用してください。

④手洗いの励行をお願いします。爪の先や指の付け根、手首なども丁寧に洗ってください。お手洗いの後、食事の前は特に念入りにお願いいたします。

⑤なるべく顔や頭を触らない事を心がけてください。

⑥飛沫を飛ばさない吸い込まないために、マスクを外した時は会話をしないように心がけてください。

⑦トイレ使用の際は、トイレ入り口に「流せる除菌クリーナー」を置いていますので、使用前使用後に各自できれいにしてください。

⑧共用タオルは置いていません。手洗いの後はご自身のハンカチ手ぬぐいで手を拭いてください。お忘れの方は受付までお申し出ください。又、ボールペンなど筆記具はご自分のものをお使いください。

⑨食事中は向き合わない。又会話をしないでください。会話は食べ終わってからマスク着用の上お願いします。なるべく距離を縮めない、ということを意識してください。

⑩ゴミは持ち帰るか、受付のゴミ袋に捨ててください。 会場に設置されたゴミ箱には捨てないでください。

⑪喫煙は決められた場所で密にならないようにお願いします。

⑫開講前にあらかじめ消毒をしていますが、自席周りなどはご自身で気を付けていただきますようお願いいたします。消毒用品は受付までお申し出ください。

⑬途中で気分が悪くなるなど、体調がすぐれない時はお申し出ください。

⑭つどい参加後に感染が判明された場合は、期間に関わらず名種(なぐさ)までご連絡ください。

⑮その他、お困りごとや判断に迷う事などがありましたらご相談ください。

                                   2020年9月